アスペルガー症状

医師や専門家が深く詳しく解説します

アスペルガー症状

医師や専門家が深く詳しく解説します

アスペルガーの症状 :特徴的な症状を理解して適切な対応を

公開日
更新日

 
執筆:須賀 香穂里(ヘルスケアライター)
 
医療監修:株式会社とらうべ
 
 
アスペルガーの症状 についてご存知ですか? アスペルガー症候群は知的な遅れのない自閉症ともいわれる、今では自閉症スペクトラムと呼ばれる発達障害のひとつです(1)(2)。
では、社会にアスペルガー症候群の方はどのくらいの割合でいるのでしょうか。
諸説あり、100人に1人(1%)とも、1,000人に1人(0.1%)とも言われています(3)。
 
このようにアスペルガーである人の割合がはっきりわかっていない理由としては、ADHDなどの他の発達障害と合併しておりその症状に気づいていなかったり、アスペルガーの症状を精神疾患と誤診されたりされることが挙げられます(3)。
 
ここでは、意外と気が付かないこともあるアスペルガー症候群の主な症状や特徴を解説します。
 
 

アスペルガーの特徴的な症状とは?

 
米国精神医学会によるDSM-4(『精神疾患の分類と診断の手引き』)によれば、アスペルガー症候群と診断されるには
 
人とのかかわり方に問題がある
限られた興味や行動、同じ行為を繰り返す
それらの特徴によって日常生活に支障をきたしている
言語や認知の発達に深刻な遅れはない
他の広汎性発達障害や精神疾患の基準に当てはまらない

 
という条件に当てはまる症状がある必要があります(4)。
中でもアスペルガー症候群に見られる代表的な特徴や症状は、「対人関係の問題」と「限定された興味・こだわり」です。
 
 

スポンサーリンク



アスペルガーの症状 :対人関係の問題

 

空気を読むのが苦手

 アスペルガー症候群の人は空気を読んで行動することが苦手です(5)。
例えば、いつも一緒にいる友達がなんだかイライラしているなと思ったら、私たちはなるべくそっとしておくか、気遣って相談に乗るか、いつもと違った対応の仕方をすると思います。しかしアスペルガー症候群の人は、他人の気分を察したり、相手の状態によって行動を変えることができません(4)。
 
だからイライラしている友達の前でいつも通りに振る舞って、いつものように冗談をいって友達をからかったりします。そうして友達を怒らせてしまい、「今はそんな気分じゃないの」「放っておいてよ」と言われても、「いつもはこれくらいで怒らないのになぜ今日は怒るのだろう?」と、友達を怒らせてしまった理由がわかりません(4)。
 
 

他人立場に立って考えられない

 「自分がされて嫌なことは他人にもしない」というのは小さいころに教えられますね。
しかしアスペルガー症候群の人にはこれが実行できません。というのも、彼らは自分の行動や言葉によって他人がどう思うかを想像することができないという症状があるのです(4)。
 
例えば、自分が「太っているね」と言われるとすごく怒るのに、自分は他人に対して「太っているね」と素直に言ってしまいます(1)。これで言われた人が怒りだしても、「本当のことを言っただけなのに…」となぜ怒られているのかがわかりません。
 
アスペルガー症候群の人は、思いついたことを思慮深く考えず、正直に口に出してしまう傾向があります(1)。
しかし彼らには全く悪気はないのです(1)。
 
 

言葉の意味をくみ取るのが苦手(1)

「お母さんはいますか?」(家に電話がかかってきたとき)
「今日のご飯はお鍋よ」
「そのダジャレはとっても寒いよ」

 
上の3つのセリフを見て、このセリフがどう意味なのかを考えてみてください。おそらく、多くの人は上から順に、
 
「お母さんはいますか?」⇒「お母さんは家にいますか?」
「今日のご飯はお鍋よ」⇒「今日はお鍋料理(水炊きなど)を食べるわよ」
「そのダジャレは寒いよ」⇒「そのダジャレはあんまりおもしろくないよ」

 
という意味であると分かると思います。
しかしアスペルガー症候群の人は、「お母さんはいますか?」と聞かれて、家にお母さんがいてもいなくても「います」と答えます。何故なら、彼らはこの質問「(あなたには)お母さんがいますか?」という文字の意味そのままに受け取ってしまうからです。
 
だから「今日のご飯はお鍋よ」と言われて鍋そのものを食べるのだと思ってしまったり、「そのダジャレは寒いよ」と言われて防寒用の毛布を用意してくれたりします。
 
 

会話のキャッチボールが苦手(4)

会話は、利き手と話し手が相手の様子を見ながら交互に入れ替わることで成立します。
しかしアスペルガー症候群の人はこのルールがわからないというのが、特徴的な症状です。
 
アスペルガー症候群の人は自分が話し始めると、相手の反応もお構いなしに延々と自分の話をし続けたり、突然話の内容が変わったりします。彼らは自分の行動に何の問題も感じていないし、長話に辟易して逃げられてしまってもそれが何故だかわからないし、突然内容が飛んだように聞こえる話も彼らの中では繋がっているのです。
 
 

アスペルガーの症状 :限定された興味・こだわり

 
ある特定のものに非常に興味を示したり、その人特有のこだわりがあったりというのもアスペルガー症候群の人の特徴的な症状です(5)。
例えば、
 
車の種類には興味があるが車に乗ることには興味がない
お気に入りの靴以外は絶対にはかない
朝起きてから寝るまでに行う行動の順番がしっかり決まっていて、急に予定が変わることを嫌がる

 
といった感じです。
 
アスペルガー症候群の人は興味を持った事柄について、時に専門家に慣れるほどの深くて細かい知識を持っています(4)。またこだわりのあるものや執着しているものを手放すのを嫌い、親が勝手にお気に入りの靴を捨ててしまうと泣き喚いて怒ったり、ベビーカーにこだわりのある子どもはいつまでもベビーカーに乗りたがったりします。
 
またアスペルガー症候群の人は一日の行動の順番をしっかりと守ります(5)。
 
例えば、「朝ご飯を食べたら歯磨きをして、制服に着替えて学校に行く」という順番を絶対に崩しません。しかし日常生活に不測の事態は付きものです。例えば朝ご飯を食べた後、食器を落として割っていまい、けがをして病院に行かなければならなくなったとします。
 
アスペルガー症候群の人は、けがをしたことについては、ほとんど無反応な態度をとることもありますが、歯磨きをしないまま病院に連れていかれそうになると非常に嫌がって時にはパニックを引き起こします。
 
このように、アスペルガー症候群の人は不測の事態に弱いという特徴があります(6)。
 
 

スポンサーリンク



その他の特徴(1)

 
「対人関係の問題」「限定された興味・こだわり」という特徴のほかに、アスペルガー症候群には以下のような特徴があります。
 
音や光などに対して敏感
痛みに対する反応(過剰に怖がる、または無関心)
不器用

 
 

特徴的な症状を理解して正しい支援を

 
アスペルガー症候群は言語や認知の発達の遅れがなく、人によっては成績優秀で、年齢に見合わない豊富な知識をもっていることもあり、なかなか理解されないことが少なくありません。せっかく強みを持っていても、対人関係などの問題で怒られて自尊心を失ってしまうことにもつながりかねません。
 
逆に言えば、きちんとした対応をすればアスペルガー症候群の人は普通以上の成績を出したり、周りと同じように生活していくことも可能です。
 
アスペルガー症候群の人の特徴的な症状を知り、適切な対応をすることが重要です。
 
 
【参考文献】
(1) 東京都自閉症協会 http://www.autism.jp/knowledge/whatisas/web-j.html
(2) 田中康雄(こころとそだちのクリニックむすびめ院長)・藤森和美(武蔵野大学人間科学部人間科学科教授)・辻惠介(武蔵野大学人間科学部人間科学科教授)(2014).発達とキャリア支援 金剛出版 pp.11-12
(3) アスペルガー症候群完全ガイド http://aspergerssymptomsinchildren.com/entry69.html
(4) Brenda Smith Myles(カンザス大学教育学部特殊教育科准教授)& Jack Southwick(カンザス大学社会福祉学部修士課程講師)(2002).アスペルガー症候群とパニックへの対処法 東京書籍 pp.7-34
(5) All about 健康・医療 http://allabout.co.jp/gm/gc/302570/
(6) アスペな大人 http://asperger.nerim.info/mold/obsessiveness.html
 
 
<執筆者プロフィール>
須賀 香穂里(すが・かほり)
神奈川大学人間科学部・人間科学科所属。社会心理学や人間関係をテーマとした執筆活動を行っている
 
 
監修者プロフィール :
株式会社とらうべ:医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士など、専門家による、医療・健康に関連する情報について、信頼性の確認・検証サービスを提供
 
 

オススメリンク

 
関連した情報として以下のようなものがありますので、ご参考にしてください。
 
「発達障害の有名人 :アスペルガー、ADHD、LDを乗り越えた有名人」 
 
「アスペルガーの遺伝 : アスペルガーって遺伝する病気なの?」
 
「アスペルガーの診断 はどう行う?診断内容や症状などを解説!」
 
「アスペルガーとは :アスペルガーの原因・治療・対処法などを解説」
 
自閉症スペクトラム (ASD)とアスペルガー症候群との関係は?
 
「ADHDの原因 ってなに?脳の機能障害?遺伝も関係するの?」
 
「ADHDの特徴 って?シーン別、大人/子ども別に解説!」
 
「ADHDの有名人 :ケースを通して彼らはどうして成功できたのか考察する!」
 
【 ADHDとASD 】注意欠陥・多動性障害と自閉症スペクトラム障害の人に適した職業とは?

※なお記事中の語句に張られたリンクをクリックすると、当該語句について詳しく説明した当サイト内もしくは外部サイトの記事へ移動しますので、ご活用いただければ幸いです。